腕を治し、カイトを貪り犯すピトー。
初めて味わう陵辱の苦痛に涙を溜めるカイト。
それでもピトーの腰は止まらない。
半日以上犯され続けた頃
カイトは戸惑いながらも
快感に溺れる自分を受け入れ始めていた。

inserted by FC2 system